The O-Eツーリング! in四国 2日目

2日目は天気予報が見事当たってしまい、朝から雨。
そんな中、ひろさんは阿蘇に向かうべく、7時過ぎには出発されたそうです。
私はその頃まだ寝袋の中だったため、お見送りはできず・・・
8:00少し前ぐらいに起き出し、みんなもごそごそテントから出てきたので、
朝ゴハンの準備に取りかかりました。
献立は最近私の定番になりつつある(笑)ホットサンド。
中に入れる具材は、ツナマヨ&チーズ、タマゴ&ベーコン&チーズ。
みんなに手伝ってもらいながら作ります。
seijiくんにはベーコンを炒めてもらい、
まみちゃんにはツナマヨを作ってもらい、パンに具材をはさんでもらい。
b0013897_1854533.jpg
タマゴサラダを作ってくれたnaoくん。

私はその後せっせと焼いていきました。
みんなのテントの真ん中にタープを張っていたのですが、雨は容赦なく降ってきます。
濡れて風邪をひかないよう、カッパを着て食事してます。
b0013897_18545971.jpg
マサとseijiくんは帽子からカッパからスリッパまで
全部おそろい。どんだけラブラブやねん(笑)
b0013897_1855490.jpg
タープを固定する紐が緩んできていたため、木に登って直す船長。
服のせいもあってか、すっかり溶け込んでいます(笑)

ゴハンを食べている途中、隣でキャンプをしていたアメリカン乗りの人たちが
先に出るようで、こちらに会釈をしてくれたので「気をつけてー」と声をかけてました。
で、最後の人とも同じように挨拶を交わしながら、そのまま行くのかと思いきや、
バイクがどんどん道から反れ、なんと谷側に落っこちた!!
しょええええ!えらいこっちゃ!とみんなで駆け寄ってみると、2メートルぐらい下に
あぜ道があり、乗ってた人はそこに立ってボーゼンとしてました。
肝心のバイクはというと、途中に生えていた木にかろうじて引っかかっており、
完全に逆さを向いていたものの、落下してクラッシュ!は回避できました。
私たち以外のキャンパーもわらわらと集まってきて、男性陣総出でバイクを
引っぱり上げます。
私とまみちゃんは足手まといになると思い、少し離れたところで応援です(笑)
みんなで掛け声をかけながら、なんとかバイクを引き上げることに成功。
落っこちた人も無傷で、バイクはメーターケーブルが切れていましたが、
エンジンもなんとかかかり、みんなに見送られながら帰っていきました。
あーびっくりした。しかしこういうとき男の人って頼もしいですなぁ。

朝ゴハンを食べ終え、撤収の準備を始める頃になっても、雨はやむ気配を見せません。
そこで、とりあえず片付けた荷物とともに近くの休憩所?屋根のあるところへ移動します。
この日のルートをどうするか地図を見ながら決めようとするのですが、
雨がどんどんひどくなるのに比例して、走る気力がどんどん失せていきます(爆)
b0013897_18551062.jpg
カッパを着込んだまみちゃん。
b0013897_18551628.jpg
お茶目ぶりをアピールしようとするseijiくんに対して、
naoくんは冷ややかな目を向けてます(笑)
b0013897_18552313.jpg
マサと船長。

実はこの日、翌日に用事のある船長は尼崎まで帰らなければならず、どうやって帰ろうか
考えあぐねていました。
フェリーを使って大阪まで帰ろうか、なんてことも話していましたが、
9時間近くかかることがわかり、結局来た道とほぼ同じルートで帰ることに。
荷物が濡れないよう、ビニール袋に入れたカバンをさらに銀マットでくるみます。
その銀マットはビニテで固定。
b0013897_1855358.jpg
なんつー留め方を(笑)

そして雨脚が少し弱まった頃、先に帰っていきました。お疲れー!
残った私たちはその後もしばらく雨宿りをしていたのですが、
このままではラチがあかないので、とりあえず目的地を決め、少しでも走ることに。
さらに、こんな雨の中でキャンプするのはきっついなぁ・・・と、
どこか屋根のあるところ、つまり国民宿舎やライダーズハウスに泊まることで
意見が一致。
そこで、50kmほど先にある、夜須町サイクリングターミナルという国民宿舎に電話し、
予約が取れたので、そこを目指して再び出発。
雨が少し小降りになった頃、バイクに荷物を積み、キャンプ場を後にします。
このとき13:00すぎ。
昨日登ってきた山道を下るのですが、ものすごい霧に覆われており、前が見えない!
溝に落ちそうになりながら、ドキドキで下ります。
そしてR55に出て、西に10kmほど行ったところで、道の駅「キラメッセ室戸」に到着。
ウマイかつおのたたきが食べられるそうなので、ここでお昼ゴハンとなりました。
b0013897_18554111.jpg
「かつおタタキ定食」1450円。
かつおが大ぶりで、めちゃウマかった♪

少しマターリしてから、目的地に向けて再び走り出します。
しかし途中でものすごい大雨が降ってきて、グローブをしていない手には
針をいっぱい突き刺されるような痛みが!
ずっと「いたたたたた!痛いって!」と叫びながら走ってました(汗)
雨がだいぶマシになった頃、ようやく目的地である夜須町サイクリングターミナルに到着。
荷物を降ろし、チェックインを済ませ、マサとnaoくんは晩ゴハンの買い出しに。
宿で食事も頼めるのですが、宿泊費が2000円近く高くなるので素泊まりに決定。
私とまみちゃんは先にお風呂へ。その後、男性陣も続きます。
b0013897_18554784.jpg
部屋はこんな感じ。
悪天候の中を走って来た私たちには、もう天国です(笑)

屋根があり、フトンがあるってこんなにスバラシイのかとしみじみ感じました(爆)
男性陣が戻ってきてから、ゴハンとなりました。
が、疲れプラスお風呂に入った脱力感で、この日は簡単に済ませました。
このとき、naoくんが買ってきたお茶についていたオマケに、まみちゃんが大喜び!
b0013897_18555950.jpg
それがコレ。
ジャガーとかいうマンガのキャラクターだそうです。
b0013897_18563596.jpg
そんなフィギュアと写るまみちゃんはパック中(笑)
実はオマケを集めるのが好きみたいです。
b0013897_18564219.jpg
翌日のルートを確認中のマサとseijiくん。
b0013897_18565973.jpg
すっかりくつろぎモードのnaoくん。

翌日は早朝に出発するということなので、まみちゃんと私は早々にフトンに入りました。
男性陣はテレビで格闘技をやっていたのを見てたようです。
ちなみに、翌日聞いたことなのですが、その格闘技を見ながらnaoくんは一人で
ポテチをバリバリいわせながら平らげ、
一方seijiくんはフトンに入ったはいいものの、でっかい声で寝言を言ってたそうです。
くそう、オイシイとこを見逃したっ(笑)

そんな感じで、二日目の夜も更けていくのです。
続きは3日目にて!

by tachigokequeen03 | 2005-05-04 18:44 | MOTORCYCLE